コンチネンタル、欧州でフリート向けサービスを再編

シェア:
カテゴリー: ニュース

 独コンチネンタルは4月8日、欧州でフリート事業向けのタイヤサービスを「Conti360°Solutions」(コンチ360°ソリューションズ)という名称の下にまとめ、ワンストップで提供すると発表した。

 タイヤの空気圧や温度のデータをリアルタイムに収集して送信する「コンチ・コネクト」などのデジタルソリューション、ケーシング管理およびリトレッドソリューションを含む「コンチ・ライフ・サイクル」といったサービスを再編する。

 コンチネンタルでは「当社はデジタル化やデータ駆動マネジメント、コスト効率化といった顧客需要の変化に対応している。タイヤサービスのグループ化は運送業界の持続可能性に向けたニーズに対処する助けとなる」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】