店舗でサブスク開始 ブリヂストンリテールジャパン

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは4月12日、グループ会社のブリヂストンリテールジャパンが4月1日からコクピット・タイヤ館353店舗で乗用車用タイヤのサブスクリプションサービス「Mobox」(モボックス)の提供を開始したと発表した。

 「モボックス」はタイヤとメンテナンスを月額定額で利用できるサービス。ライトプランとスタンダードプランの2コースがあり、月額957円から利用できる。専門知識を持ったスタッフがユーザーの使用用途に合ったタイヤを提案して組替えや脱着を行い、併せてパンク補償や定期的な点検、各種メンテナンスなどのサービスを提供する。なお、契約期間は2年間となっている。

 ブリヂストンでは、「自動車業界は大変革の時代を迎え、お客様の生活スタイルや消費スタイルも変化している。『モボックス』を通じて、安心・安全な移動を支え、タイヤを適切に管理し長くご利用頂くことで資源生産性の向上に貢献するとともに、適正空気圧を保つことで燃費悪化を抑制しCO2排出量の削減にもつなげていく」としている。

 ブリヂストンは既に欧州市場などで「モボックス」のサービスを展開している。


[PR]

[PR]

【関連記事】