ブリヂストン、パラスポーツ体験型授業をサポート

シェア:
カテゴリー: ニュース
ブリヂストン、パラスポーツ体験型授業をサポート
パラスポーツをサポートする

 ブリヂストンは4月1日、パラスポーツを体験できる出前授業「あすチャレ!School(スクール)」に協賛し、活動をサポートすると発表した。

 「あすチャレ!スクール」は、日本財団パラリンピックサポートセンターが2016年4月から全国の小中学校向けに実施しているパラスポーツ体験型出前授業。パラアスリートとともにスポーツ体験をしたり、パラアスリートの生の声を参加者が聞いたりすることで夢や目標を持つことの価値や、社会にある障害をなくし多様性を認め合うことの大切さなどを学ぶ場となっている。

 ブリヂストンでは、「子どもたちがパラアスリートやパラスポーツと直接触れ合うことができる場を提供することで、当社はパラサポと共に、多様性の尊重や共生社会への理解へつなげるなど、子供たちの新たな学びを支援していきたい」としている。

 なお、第1回目は4月15日に同社の技術センターなどがある小平市の小平市立第六小学校で開催する予定。

 また、ブリヂストンはパラリンピックのワールドワイドパートナーとしてパラリンピック・ムーブメントの核をなす多様性やインクルージョンへの取り組みも行っており、スポーツ義足用ゴムソールの開発なども実施している。


[PR]

[PR]

【関連記事】