住友ゴム社員が「グラミー賞」クラシック部門で最優秀合唱パフォーマンス受賞

シェア:
カテゴリー: ニュース
バッファロー・フィルハーモニック合唱団
住友ゴムの大久保氏(右)

 3月14日に発表された「第63回グラミー賞」のクラシック部門で、米ニューヨーク州にある合唱団「バッファロー・フィルハーモニック合唱団」の「THE PASSION of YESHUA(ヨシュアの受難曲)」が最優秀合唱パフォーマンスを受賞した。同アルバムでは、住友ゴム工業の米国工場人事総務部ゼネラルマネージャーの大久保有記氏が唯一の日本人として参加していた。

 大久保氏は3才からピアノを始め、中高校ではグリークラブに所属。米国工場駐在時に、「バッファロー・フィルハーモニック合唱団」のオーディションに合格し、2017年9月から同団体のバリトンとして在籍して音楽活動を行っていた。「THE PASSION of YESHUA」は2019年4月にクラインハンス・ミュージックホールで収録された。同楽曲は、2020年11月24日にグラミー賞のクラシック部門の3つにノミネーションされ、3月14日に受賞が決定した。

 大久保氏は今回の受賞を受けて、「自分のような普通の人でも受賞できるので、好きなものがある人は迷わず一歩踏み出してこの喜びを感じて欲しい。練習しなければ上達しないのと同様に、日々の小さな仕事の積み重ねが大きな成果につながると信じている」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】