横浜ゴム「フェアレディZ」のデモカー制作「ジオランダー」とコラボ

シェア:
カテゴリー: ニュース
「Z-Adventure」
「Z-Adventure」

 横浜ゴムは3月12日、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「ジオランダー」と日産自動車の「フェアレディZ」とのコラボレーションによるオフロード仕様のデモカーを制作したと発表した。

 欧米では生活に余裕のできた多くのクルマ好きが晩年にオフロードツーリングを満喫しているという。従来こうしたシーンではクロカン四駆が一般的だったが、その後SUV化が進み、更にその中でもよりスポーティーな方向に進化している。同社では「『純粋なスポーツカーの本格オフロード仕様車を作ってみよう』という発想から今回のデモカーが生まれた」としている。

 「Z-Adventure」のコンセプトのベースは1984年にクロカン四駆が主流だったダカールラリーに参戦し、大差で優勝した「ロスマンズ・ポルシェ953」。「同車をオマージュし、オフロードツーリングを楽しんだ後に高級ホテルのエントランスに乗り付けられるようなオシャレで遊び心を忘れないジェントルな大人のためのオールラウンドスポーツカーを目指した」(同社)という。

 なお、タイヤには大口径33インチのオフロードユーザー向けタイヤ「ジオランダーM/T G003」、ホイールにはラリー・ダートトライアル用アルミホイール「アドバン・レーシングRCⅢ」を採用している。今後、モータースポーツの会場やイベントなどで活用していく。


[PR]

[PR]

【関連記事】