住友ゴム「SUPER GT」のサポート強化 2021年のモータースポーツ活動発表

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は3月5日、2021年度のモータースポーツ活動計画を決定したと発表した。2021年も4輪・2輪の国内外のモータースポーツレースにおいてトップクラスから入門レースまで幅広いカテゴリーにタイヤ供給を行い、DUNLOP(ダンロップ)およびFALKEN(ファルケン)ブランドの価値向上とタイヤ開発力の強化を目指すとともに、車を楽しむファンを支えモータースポーツの裾野を広げるべく活動していく。

 「SUPER GT」では、DUNLOPとしてサポートを強化する。今年は、GT500クラスで「TEAM Red Bull MUGEN」が新たに加わり2チームにタイヤを供給する。同社がGT500クラスの複数チームにタイヤを供給するのは2010年以来。また、GT300クラスにおいても新たに1チームに供給を開始し、両クラス合わせて6チーム7台で各クラスのチャンピオン獲得を目指す。

 FALKENブランドでは世界一過酷なレースとも言われる独ニュルブルクリンクで開催される「ニュルブルクリンク24時間レース」に今年も参戦する。昨年に引き続き「FALKEN Motorsports」として、「Porsche 911 GT3R」2台体制で総合優勝を目指す。


[PR]

[PR]

【関連記事】