ブリヂストン、2021年も国内外のレース活動をサポート

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは3月4日、2021年のモータースポーツ活動計画を決定した。4輪レースでは主に「POTENZA」ブランド、2輪レースでは主に「BATTLAX」ブランドのタイヤで、トップカテゴリーからアマチュアドライバーによる参加型レースまで、国内外の様々なモータースポーツをサポートしていく。

 国内では4輪レースの「SUPER GT」や2輪の「全日本ロードレース」に、海外では同社グループが2025年までオフィシャルタイヤサプライヤーとして「Firestone」ブランドのタイヤをワンメイク供給する北米の「NTT INDYCAR SERIES」や世界最高峰の2輪耐久レース「FIM 世界耐久選手権」などにタイヤを供給する。同社では「これら国内外のトップカテゴリーレースへのタイヤ供給を通じて、タイヤの技術力向上を推進する」としている。

 また、日本国内で行われる「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」や「全日本ジムカーナ選手権」「全日本カート選手権」「全日本モトクロス選手権」などのアマチュアドライバーも参戦可能な参加型レースにもタイヤを供給する。


[PR]

[PR]

【関連記事】