ハンコック、新興企業と連携 リアルタイムでタイヤデータを提供

シェア:
カテゴリー: ニュース

 韓国のハンコックタイヤは1月27日、スマートタイヤ技術の米新興企業Revvoテクノロジーズ社および廃品回収の米ジャンク・キング社と共同でインテリジェントタイヤのパイロットプログラムを開始したと発表した。リアルタイムでフリートのタイヤデータやアラートを提供することで安全性や生産性の向上を目指す。

 この取り組みでは、ハンコックのトラック・バス用タイヤにRevvo社の最先端技術や高度なデータ分析の製品群を組み合わせ、ジャンク・キング社が米カリフォルニア州で展開するフリート向けの3割にタイヤのデータを提供する。

 Revvo社のタイヤセンシング技術プラットフォームは、車両の各タイヤの内部に独自のセンサーを組み込むことでリアルタイムのタイヤデータを取得している。このデータを処理することで、寿命予測やタイヤの異常、最適なメンテナンス間隔・設定などの情報を提供できるという。


[PR]

[PR]

【関連記事】