日本グッドイヤー オールシーズンタイヤ拡充「一桁上を目指す」

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本グッドイヤーは7月26日、都内で会見を開き、オールシーズンタイヤの販売を強化して今後の成長の柱にすることを発表した。8月に発売した「Vector 4 Seasons Hybrid」(ベクター・フォーシーズンズ・ ハイブリッド)では、これまで販売していた「Vector 4 Seasons」の23サイズから44サイズへと発売サイズを倍増させ、13インチから18インチまで幅広い車種へ訴求する。

日本グッドイヤー会見
日本グッドイヤーの金原雄次郎社長

 会見に出席した金原雄次郎社長は、「グッドイヤーはオールシーズンタイヤのパイオニアとして欧米で30年以上にわたりマーケットを切り開いてきたという実績と知見がある。この実績をテコに日本でオールシーズンタイヤという新しいカテゴリーを開拓し、定着させていきたい」と述べた。

 オールシーズンタイヤは、年間を通じてすべての季節で平均的に性能を発揮するため、消費者は季節ごとのタイヤの購入や交換が不要となり、経済性や利便性がメリットとなる。ただ、国内市場における市販用の乗用車タイヤの中でオールシーズンタイヤが占める割合は1%程度とみられる。

 こうした中、「タイヤの分野から新しいクルマの使い方を提案し、新しいマーケットを切り開く」(金原社長)と意欲を示す。また従来は欧州で生産していたタイヤを輸入していたが、今後は住友ゴムの国内工場に生産委託するため、リードタイムの短縮も期待される。販売目標は非公表だが、サイズラインアップの拡充とデリバリー性の向上により「従来の販売本数の一桁上を狙っていく」(同)としている。

 ターゲットのひとつは今年最初の車検を迎えるクルマのタイヤ交換だ。今回は2013年に発売された新車と同社の販売実績からとくに需要が高いと見込まれるサイズを追加した。


[PR]

[PR]

【関連記事】