「小澤国際室内楽アカデミー奥志賀」東京で千秋楽

シェア:
カテゴリー: ニュース
ランクセス 小澤国際室内楽アカデミー奥志賀
©大窪道治

 ランクセスが協賛する「小澤国際室内楽アカデミー奥志賀2016」のコンサートが8月1日、東京・渋谷区の白寿ホールで開催された。

 同アカデミーは、アジア圏の才能ある若手弦楽器奏者に、小澤征爾氏をはじめとした講師陣の高度な指導を提供することを目的として2011年に設立。今年は日本のほか、中国や韓国、台湾からオーディションを通じて24名の若手弦楽器奏者が選ばれ、7月23日から長野県奥志賀で講習会と演奏会を行ってきた。今回はその千秋楽のコンサートとなった。

 会場では美しく奏でられる音色が響き、約300名の聴衆は熱心に聴き入っていた。

 開演後に行われたレセプションで、ランクセスの辻英男社長は次のように挨拶した。

 「私はこのアカデミーを通して才能を磨き輝かせる若者たちを目の当たりにし、深い感動に包まれた。これまで120名以上の若手音楽家がこのプログラムを通じて指導を受け、その内の何人かはすでにプロとしての道を歩み始めている。才能ある若手の育成、次世代への教育支援を行うことは企業が社会に貢献できる最適な方法の一つである」


[PR]

[PR]

【関連記事】