住友ゴムの低燃費タイヤ「エナセーブ・ネクストⅢ」省エネ大賞で長官賞

シェア:
カテゴリー: ニュース
村岡清繁常務執行役員
村岡清繁常務執行役員

 住友ゴム工業は2月5日、一般財団法人省エネルギーセンターが主催する「2020年度省エネ大賞」で、ダンロップの低燃費タイヤ「エナセーブ・ネクストⅢ」が製品・ビジネスモデル部門で資源エネルギー庁長官賞を受賞したと発表した。

 今回は、「開発プロセス」「先進性・独創性」など6つのポイントから評価され、輸送分野で選出された。同社では「独自技術によって新素材を採用し、軽量化と操縦安定性を同時に実現したことで、今後のさらなる省エネ性能向上の可能性を広げたとして高く評価を頂いた」としている。

 受賞トロフィーを受け取った住友ゴムの村岡清繁常務執行役員は「材料メーカー様や開発担当者の努力によって、新材料の採用における多くの課題を解決し、商品化することができた。サステナブルな社会の実現に向けてさらなる汎用化を目指していく」と今後の開発に向けての意気込みを語った。


[PR]

[PR]

【関連記事】