住友ゴムの白河工場「福島県ワーク・ライフ・バランス大賞」受賞

シェア:
カテゴリー: ニュース
白河工場「3NO!宣言」を周知するため活動内容を工場食堂で放映
「3NO!宣言」を周知するため活動内容を工場食堂で放映

 住友ゴム工業は2月2日、福島県の白河工場で行ってきたワークライフバランスへの積極的な取り組みが評価され、県から「福島県ワーク・ライフ・バランス大賞」を受賞したと発表した。表彰式は1月28日に福島県庁で行われ、面川寿彦工場長が出席した。

 白河工場は、2020年4月30日に「福島県次世代育成支援企業認証制度」において「仕事と生活の調和」推進企業の認証を取得している。認証企業の中でも「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」への取り組みが特に優れていることが評価され、今回の受賞となった。

 評価された取り組みは、育児・介護に関する制度が法定を上回るものが多いことや、女性社員の目線による改善活動、働き方改革の取り組み「3NO!宣言(NO残業デー・NO会議デー・就業時間外NOメール)」など。

 同社では今後も働き方改革を推進し、従業員一人ひとりが尊重され、働きやすい職場環境づくりを進める。


[PR]

[PR]

【関連記事】