鈴鹿8耐 ブリヂストン装着チームが11連覇達成

シェア:
カテゴリー: ニュース
YAMAHA FACTORY RACING TEAM
優勝したYAMAHA FACTORY RACING TEAM

 7月31日に決勝が行われた「鈴鹿8時間耐久ロードレース」で「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」優勝し、ブリヂストン装着チームが11連覇を達成した。また2位、3位にも同社のサポートチームが入賞し、表彰台を独占した。

 ブリヂストンタイヤ装着チームの優勝は、2006年の初優勝から11年連続となり、タイヤサプライヤーとしての連続優勝記録を更新した。表彰台の独占は5回目。

 同社の鈴木通弘執行役員(グローバルブランド戦略・モータースポーツ担当)は、「気温・路面温度ともに高い8耐らしいコンディションの中、素晴らしいレースが展開された。その中で、当社のタイヤが性能を発揮して勝利に貢献することができ、本当に嬉しく思う。来年以降も、連続優勝の記録更新を目指したい」とコメントを発表した。


[PR]

[PR]

【関連記事】