「BFGoodrich」装着チーム「ダカールラリー2021」で表彰台を独占

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤは、1月3日から1月15日までサウジアラビアで開催された「ダカールラリー2021 サウジアラビア」の4輪部門で、「BFGoodrich」シリーズを装着したチームが表彰台を独占したと発表した。

 レースはX-RAID MINI JCW TEAMのS.Peterhansel / E.Boulanger組が総合優勝し、2位にはTOYOTA GAZOO RacingのN.Al-Attiyah / M.Baumel組、3位にはX-RAID MINI JCW TEAMのC.Sainz / L.Cruz組という結果となった。

 「BFGoodrich」は、2016年にダカールラリーに復帰してから公式タイヤサプライヤーとして参加車両へのタイヤ供給を継続している。ミシュランでは「モータースポーツ活動を先行技術開発の重要な場と位置付け、極限の環境で得られる全ての技術的情報を新テクノロジーの開発や製品の改善に活用し続ける」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】