ブリヂストン、二輪車用スポーツツーリングタイヤ発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
「BATTLAX SPORT TOURING T32」
「BATTLAX SPORT TOURING T32」

 ブリヂストンは2月から二輪車用タイヤブランド「BATTLAX」(バトラックス)のスポーツツーリングカテゴリー用タイヤ「BATTLAX SPORT TOURING T32」を発売する。発売サイズはフロント用10サイズ、リア用12サイズ。

 「BATTLAX SPORT TOURING T32」はウェット路面でのトラクションやブレーキ性能、コーナリンググリップを高めるため、「PULSE GROOVE」(パルスグルーブ)を採用。溝の形状を脈動形状にするとともにディフレクターを設置し、水の流れを均一化しつつ流れる速度を増すことで排水性を高め、従来品(BATTLAX SPORT TOURING T31)よりウェット制動距離が7%短縮した。

 また、タイヤのシミュレート・計測技術「ULTIMAT EYE」(アルティメット・アイ)で接地面での粘着域を増加し、さらにリアタイヤでは接地面積を13%向上してコーナリングでのグリップ性を高めた。あわせて中~重量車向けオプションスペック(GTスペック品)をラインアップ。重厚感にマッチさせるため溝配置やパターン剛性を最適化することで従来品比で摩耗ライフを10%向上している。

 1月22日にオンラインで開いた説明会で、MCタイヤ事業部の藤田昌宏部長は「ツーリングタイヤに求められる素直なハンドリングと、パルスグルーブの搭載による更なるウェット性能の向上を図っている」と話した。


[PR]

[PR]

【関連記事】