ミシュラン フランスで最大2300人の人員削減

シェア:
カテゴリー: ニュース

 仏ミシュランは1月6日、今後3年間で仏国内の従業員を最大2300人削減すると発表した。

 中国メーカーなどから低価格品が流入して市場環境が変化する中、競争力の強化を目指す3カ年計画の一環として実施する。このうち工場では1200人の人員を削減するが、工場の閉鎖は行わない予定。

 ミシュランでは、「当社グループは将来に備えた戦略的な事業転換をする必要がある。フランスでは競争力を大幅に強化することが当社の地位の維持にとって重要だ」と指摘した。

 同社グループは、仏国内の工場やオフィスへの設備投資を進めるほか、高性能タイヤ分野でのポジション強化を図る。同時に仏国内におけるサービスや持続可能な原材料、エネルギー転換、リサイクルなどの分野で新たな高付加価値ビジネスの展開を推進する。


[PR]

[PR]

【関連記事】