住友ゴム「TOKYO AUTO SALON 2021」にバーチャルブースと特設サイトをオープン

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は1月15日から始まる「TOKYO AUTO SALON 2021」のバーチャル展示会場「バーチャルオートサロン」にダンロップとファルケンの共同ブースを出展すると発表した。さらに、両ブランドを訴求するための特設サイト「Parallel TV」を開設する。

 今回の出展では「Parallel Experience」をコンセプトに、安全・安心を追求するダンロップと、世界のモータースポーツで活躍するファルケンの2つのブランドを並行して表現する。

 「Parallel TV」では、ダンロップブランドが持つ安全・安心を支える技術を紹介する「TABLE TRIP ADVENTURE」や、ファルケンブランドの躍動感ある世界観を紹介する「VIRTUAL TOUR」といったコンテンツを用意。さらに、同社の開発者によるトークショーなども配信する。


[PR]

[PR]

【関連記事】