2021年の天然ゴム生産量は8%増へ回復

シェア:
カテゴリー: ニュース

 天然ゴム生産国連合(ANRPC)は12月14日、2021年の世界の天然ゴムの生産量が前年比8.6%増の1367万8000トンの見通しだと発表した。前年よりプラスの予想だが、2019年(1384万2000トン)や2018年(1383万9000トン)を下回る見込み。

 また、消費量は4.9%増の1343万6000トンと、2019年(1376万8000トン)や2018年(1389万8000トン)の水準には達しない見通し。

 なお、2020年の見込みは生産量が9.0%減の1259万7000トン、消費量が6.9%減の1281万1000トンとした。


[PR]

[PR]

【関連記事】