TOYO TIRE 清水隆史社長「新たなステージへシフトする年」

シェア:
カテゴリー: ニュース
清水社長
清水社長

タイヤメーカートップが語る「2021年の展望」(年頭所感より)

 経営体制を刷新して5年。多くのお客様からのご支持、多くの関係者の皆様のご支援を頂きながら、ここまで不断の改革を重ねてきた。当社にとっては、ようやく企業体として備えるべき心身を整え、スターティングポイントに立てるところまで来たという実感の途にある。

 特に昨年のコロナ禍においては、いわばリスクと背中合わせの極限状態にありながら、逆に企業として根源ともいうべき社会的使命を再認識するとともに、情報をつぶさに共有し、意見交換を重ね、あらゆる工夫に知恵を注ぎ、躊躇なく手を打つといった、極めて本質的でシンプルなアクションの循環を図ってきた。

 継続的な技術革新、苦境を乗り越えるための生産調整、重点商品のターゲティングとマーケットごとの戦略的なアプローチ、在庫の圧縮努力や経費縮減など、各組織機能が数々の方策を繰り出し、有機的かつ機動的に連携した結果として、マイナス影響の最小化に努めることができたと考えている。

 当社にとって本年は、2025年を見据えた新たな中期経営計画の起点となる。企業ステージを高みへシフトアップしていくために独自の強みにさらなる磨きをかけ、今まで十分に強化を図ることができなかった領域の基盤整備にも取り組んでいく。また、持たざる強みを生かすことで競争優位性につなげていきたい。

 これらは当社の「企業力の源泉」を特徴づけるものであり、今後の当社の在るべき姿を示していくものと考えている。

 「新しいステージへシフトする年」。当社では、このように2021年を位置づけ、役員・従業員一人ひとりが芯を持って力強く歩みを進めていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】