EVピックアップトラックに採用 ピレリ「スコーピオン」シリーズ

シェア:
カテゴリー: ニュース

 伊ピレリはこのほど、米スタートアップ企業のリビアン社が来年発売する世界初の電動ピックアップトラック「R1T」と、スポーツ用SUV「R1S」に「SCORPION」(スコーピオン)シリーズの専用タイヤを供給すると発表した。

 今回のタイヤはEV(電気自動車)の課題となる航続距離を最適化するため、転がり抵抗の低減を図ったほか、静粛性を向上した。さらに、EVのトランスミッション性能を最大限引き出すために、トラクション性能も高めたという。

 両社は、約2年間の共同開発を行い、20~22インチの専用タイヤを開発した。ピレリでは「リビアンのユニークな特徴を活かす専用タイヤを開発した。リビアンとの技術的なパートナーシップは、当社がサスティナブル・モビリティを重視し、 さらに米国のカーメーカーを重視していることを示している」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】