ブリヂストン、LGBTへの取り組みを評価する「PRIDE指標」で3年連続最高評価

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは11月11日、LGBTなど性的マイノリティに関する取り組みを評価する「PRIDE指標」で、最高評価の「ゴールド」を3年連続で受賞したと発表した。

 「PRIDE指標」は、企業・団体等の枠組みを超えてLGBTが働きやすい職場づくりを日本で実現することを目的とした任意団体「work with Pride」による評価指標。日本初の職場におけるLGBTに関する取り組みを評価する指標で、2016年にスタートした。

 ブリヂストンでは、グローバルCSR体系「Our Way to Serve」に沿って定めた「グローバル人権方針」の中で、「性的思考」「性自認」に関する差別の禁止を明文化し、社内外へ公開するほか、LGBTへの理解を促進するための研修などを実施している。また、人事制度の改定で同性パートナーを持つ従業員が等しく制度を利用できるよう就業規則上の「配偶者」の定義を見直し、同性パートナーを含むことを明記した。

 さらに、2020年の新たな取り組みとして、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)の意識醸成を目的としたイベント「みんなのD&Iを語ろう」の定期開催を開始。また、同社と包括的協定を締結しているお茶の水女子大学と共同でイベントを企画・実行するなど様々な視点からの活発な意見交換やより深い理解の促進を目指している。

 同社では、「中長期事業戦略の実行化を支える人的資源の最大活用に向け、多様性を尊重し、さまざまな価値観や個性を持つ人々を受け入れる文化の醸成に向けた取り組みを強化していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】