富山県・石川県・福井県を対象とした「ミシュランガイド北陸2021 特別版」を来春発行

シェア:
カテゴリー: ニュース

 日本ミシュランタイヤは11月9日、富山・石川・福井の3県全域を対象とした「ミシュランガイド北陸2021 特別版」を来春発行すると発表した。2016年に北陸地方で初となる「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」を発行してから5年目を迎える2021年に、富山県と石川県を全面的に再調査し、さらに国内26エリア目となる福井県を加えたセレクションを1冊で紹介する。

 今回新たに登場する福井県は、日本海に面して多彩な魚介類に恵まれているほか、米作りや蕎麦、若狭牛でも知られている。レストラン・ホテル業界について専門知識を持つミシュランガイドの調査員は2019年秋頃から本格的に富山県、石川県全域を再調査を行い、更に福井県の調査を進めているという。

 日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ社長は、「2020年は飲食業界、観光業界にとって大変な年だったが、我々は最善の注意を払いながら、普段通りの調査を進めている。来春、お勧めの飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介することで、食・旅の楽しみを提供できるよう務めていく」とコメントを発表した。


[PR]

[PR]

【関連記事】