TOYO TIREの特例子会社が「ひょうご障害者ワークフォーラム2020」へ出展

シェア:
カテゴリー: ニュース

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は10月21日、特例子会社の昌和不動産が10月27日に神戸市で開催される「ひょうご障害者ワークフォーラム2020」に出展すると発表した。

 このイベントは、兵庫県で初の開催となる障がい者雇用の活性化を目的とした企業説明会。出展企業は各社の障がい者雇用への取り組みや工夫をブースで展示し、就労希望の学生や障がい者雇用を目指す企業に向けて取り組みを説明する。トーヨータイヤと昌和不動産は、障がい者雇用の推進、活性化を図るという趣旨に賛同し、説明会へ出展することを決めた。

 昌和不動産では現在31名の障がいを持つ従業員が働いており、事業所の清掃や管理、タイヤ開発の支援など各自の能力を生かして活躍している。

 トーヨータイヤは、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」の趣旨に賛同し、2030年におけるグループのありたい姿を「TOYO TIREのSDGs」として掲げている。その達成に向けた14のゴールのうち、「従業員が安心して挑戦し続けることができる労働環境を提供することで、多様な人々が対等に働く機会を得て、活躍できる社会づくりに貢献する」に到達するために、人材の多様性を尊重し、障がい者雇用を推進している。


[PR]

[PR]

【関連記事】