TOYO TIRE「全日本自転車競技選手権 BMXレース」をサポート

シェア:
カテゴリー: ニュース
BMXレースのイメージ
BMXレースのイメージ

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は10月24日から25日に大阪府堺市の大泉緑地(北区)で開催される「第37回全日本自転車競技選手権 BMXレース」に協賛し、大会をサポートすると発表した。

 BMXはBicycle Motocross(バイシクルモトクロス)を略したもので、オートバイのモトクロス競技を子どもたちが自転車で真似したことに由来する自転車競技の一種。起伏のあるコースを駆け抜け、着順を競う「レース」と、制限時間内に様々な技を繰り出し、その独創性や難易度を競う「フリースタイル」がある。2008年の北京オリンピックで正式種目として採用された「レース」に続き、東京オリンピックでは「フリースタイル」も正式種目となり、BMX競技への注目度がさらに高まっているという。

 同社はアスリートたちを応援するとともに、挑戦する姿勢を学びとして自らの原動力に変えていくという趣旨のもと、国内初のプロBMXチーム「Team GAN TRIGGER」をスポンサードしている。今回のレースにはチーム所属の吉村樹希敢選手、島田遼選手、西村寧々花選手も出場する。

 トーヨータイヤでは「新型コロナウイルスにより、今シーズンの活動舞台を失ったトップレベルの選手やキッズライダーに安全な活躍の場を提供し、BMX競技の発展と世界を目指す選手たちの挑戦を応援していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】