「FIM世界耐久選手権シリーズ」でダンロップタイヤ装着車がチャンピオンに

シェア:
カテゴリー: ニュース
SUZUKI GSX-R1000
「SUZUKI GSX-R1000」

 住友ゴム工業が「2019-2020 FIM世界耐久選手権シリーズ」で、ダンロップタイヤを供給する「Suzuki Endurance Racing Team」が、9月26日にポルトガルで開催された最終戦の「エストリル12時間耐久レース」において4位で完走し、シリーズチャンピオンを獲得した。

 「Suzuki Endurance Racing Team」は、1年前の「ボル・ドール24時間耐久レース」(フランス)での優勝を皮切りに、「セパン8時間耐久レース」(マレーシア)は5位入賞、8月の「ル・マン24時間耐久レース」(フランス)では再び表彰台に届く3位の成績を収めた。最終戦の「エストリル12時間耐久レース」を4位でフィニッシュし、シリーズチャンピオンを獲得した。

 年間を通じ各国のサーキットを転戦する同シリーズは、ドライ・ウエット路面での安定したグリップや、幅広い路面条件、路面温度への適応性など、あらゆる状況下で性能を発揮するタイヤが求められる。

 同社では「今回のシリーズチャンピオン獲得により、ダンロップタイヤの総合性能の高さが証明された。今後も高性能タイヤを世界中のライダーに提案し、様々なライディングシーンを足元から支えていく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】