ブリヂストン「全日本ロード選手権」へワンメイク供給継続

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは9月30日、日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)主催の「全日本ロードレース選手権」および地方選手権の「ST600クラス」へのタイヤワンメイク供給を2023年シーズンまで継続すると発表した。

 全日本ロードレース選手権は、国内最高峰のオートバイロードレースシリーズ。使用される車両は市販用モデルをベースとし、改造範囲が制限されていることから、公道を走行する状態に近いマシンで競われることが特徴となっている。タイヤがワンメイク制となった2015年から、モーターサイクル用タイヤブランド「BATTLAX」(バトラックス)が指定タイヤに選定され、タイヤ供給を行っている。

 同社では「モビリティ社会を支える一員として、モビリティの進化に貢献していくとともに、今後もモータースポーツ活動に情熱をもって推進していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】