来年の東京モーターサイクルショー中止 新型コロナ収束見通せず

シェア:
カテゴリー: ニュース

 東京モーターサイクルショー協会は9月28日、2021年に開催を予定していた「第48回東京モーターサイクルショー」の開催を中止すると発表した。新型コロナウイルスの影響を考慮した。今年3月に予定した展示会に続き、2年連続で中止となる。

 同協会では「感染収束の兆しが未だ見えず、2021年春も感染リスクがなくなることが予測できないことから、来場者および出展関係者の健康や安全面を第一に考えた結果、開催中止を決定した」としている。

 なお、次回は2022年の開催を目指していくという。


[PR]

[PR]

【関連記事】