コンチネンタル 天然ゴムのサプライチェーンを電子化

シェア:
カテゴリー: ニュース

 独コンチネンタルとドイツ連邦経済協力開発省は、インドネシアでゴムの栽培から加工、タイヤ生産に至るまでのサプライチェーンを初めて電子的に追跡できるようになったと発表した。

 両者は2018年からインドネシアの西カリマンタン州でのプロジェクトのためのパートナーシップを開始している。今回はデジタル・トレーシング・システムによるサプライチェーン全体の文書化に成功したという。小規模農家を対象に持続可能な栽培方法の研修を実施するなど、高品質な天然ゴムの生産と生活確保に貢献していく。


[PR]

[PR]

【関連記事】