横浜ゴム「ADVAN」装着車が米ヒルクライムレースで総合優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース

 8月30日に米コロラド州で開催された「第98回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で、横浜ゴムのADVANレーシングタイヤ装着車が総合優勝した。優勝したのはオープンホイール部門に出場したクリント・ヴァーショルツ選手が駆る「2013 Ford Open」で、9分35秒490を記録して同部門のコースレコードも更新した。装着タイヤは「ADVAN A005」。

総合優勝を獲得したClint Vahsholtz選手の「2013 Ford Open」

 今回、クリント・ヴァーショルツ選手は29回目の出場で初の総合優勝を飾った。「刻々と変化する山のコンディションの中で攻めのレースを展開する自信を与えてくれた。2021年に2連覇を目指すときもヨコハマタイヤを履くだろう」とコメントしている。

 同レースは1916年から開催されている伝統あるヒルクライムレース。別名「雲へ向かうレース」と呼ばれ、標高2862mのスタート地点から標高4300mにあるゴールまでの約20kmのコースにて競われる。これまでヨコハマタイヤ装着車は電気自動車でも参戦しており、2010年から3年連続で電気自動車の最高タイムを記録しクラス優勝を果たしている。

 横浜ゴムは中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略においてモータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置付け、フォーミュラやツーリングカーからラリーやオフロード、カートまで国内外の多岐にわたるレースに参戦している。


[PR]

[PR]

【関連記事】