日本ミシュランタイヤ 公道走行可能なサーキット用タイヤ発売

シェア:
カテゴリー: ニュース
「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 CONNECT」
「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 CONNECT」

 日本ミシュランタイヤは公道での走行が可能なサーキット用タイヤ「PILOT SPORT CUP 2 CONNECT」(パイロット・スポーツ・カップ・ツー・コネクト)を9月1日より順次発売する。発売サイズは17~21インチの23サイズで、価格はオープン。

 新商品はミシュランが世界中のレースで培った技術をフィードバックした「PILOT SPORT CUP 2」の後継モデル。コンパウンド技術や構造に新しい技術を採用し、操縦安定性とドライ性能を向上させ、より速いラップタイムを安定して刻むことを目的に開発した。

 同社では「レース用タイヤに求められる各種ニーズを市販用タイヤとして高次元で満たしている。ユーザーがサーキット走行という非日常の体験をした後もタイヤを交換することなく公道を走行可能という性能にも表れている」としている。

 なお、インナーライナーにコネクト機能のための送信機を設置するコンテナが装備されているが、国内では電波法に適合しないため、通信機を含む専用キットの販売予定はないという。そのため、欧州などで使われているコネクト機能は利用できない。


[PR]

[PR]

【関連記事】