ブリヂストン 熊本工場、北九州工場の従業員が新型コロナに感染

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは8月3日、熊本工場と北九州工場の従業員が新型コロナウイルスに感染したと公表した。熊本工場では1日に30代の男性従業員1名の感染が確認された。供給面への影響はないという。また、北九州工場では60代男性の業務委託従業員1名が感染した。同社では「工場稼働への影響はない」としている。

 熊本工場はゴムクローラや高圧ホース、工業用ゴムホースを生産しており、北九州工場は建設・鉱山車両用タイヤの専門工場となっている。なお、既に感染者の行動歴の調査や濃厚接触者の確認、工場内の消毒作業などを実施している。


[PR]

[PR]

【関連記事】