ゴム手袋の生産倍増 住友ゴムのマレーシア工場

シェア:
カテゴリー: ニュース
マレーシア工場
マレーシア工場

 住友ゴム工業は7月20日、日本政府からの要請に対応するため、マレーシア工場のニトリルゴム薄手手袋の生産能力を月産200万双に増強すると発表した。投資額は1億5000万円。生産ラインを増やして効率を高めることで、同製品の生産量は現状の2倍以上となる見込み。増産開始は来年5月を予定しており、国内の医療機関や食品メーカー工場などに供給していく。

 同社の手袋事業はマレーシア工場とタイなどの協力工場で生産し、国内外で販売を行っている。ニトリルゴム薄手手袋は医療機関や食品メーカーの工場などで使用されており、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い需要が高まっている。同社は4月に医療支援として、9万7500双を日本政府に寄付している。

 なお、今回の設備投資には政府の海外サプライチェーン多元化等支援事業補助金を活用する。


[PR]

[PR]

【関連記事】