ヨコハマタイヤ装着車「全日本カートレース」で2連勝達成

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは14日、同社のレーシングカート用タイヤ装着車が7月11~12日に開催された「2020年オートバックス全日本カート選手権」のOK部門の第1戦と第2戦で2連勝を達成したと発表した。なお、第2戦では1~3位を同社のタイヤを使用した選手が獲得し、表彰台を独占した。

第2戦で表彰台を独占したヨコハマタイヤ勢
第2戦で表彰台を独占したヨコハマタイヤ勢

 11日に行われた第1戦の予選では雨模様の中、三村壮太郎選手(Croc Promotion)がポールポジションを獲得。雨がやみドライ路面となった12日の決勝では三村選手が2位に6秒以上の大差をつける圧倒的な速さを見せてポール・トゥ・ウィン。さらに平良響選手(KR HIROTEX RACING)が3位表彰台を獲得し、ウェット路面とドライ路面でのヨコハマタイヤの速さを証明した。

 また、同日に行われた第2戦でも三村選手が2連勝を達成。予選では11番手だった山田杯利選手(TEAM EMATY)が怒涛の追い上げを見せて準優勝したほか、予選8番手の水野皓稀選手(Croc Promotion)も3位にポジションアップし、表彰台を独占した。この結果、OK部門をヨコハマタイヤで戦う4選手全てが表彰台を獲得し、2年ぶりのシリーズチャンピオン奪還に向けて最高のスタートダッシュを切った。

 横浜ゴムは、中期経営計画「グランドデザイン2020(GD2020)」の技術戦略で、モータースポーツ活動を重要な先行技術開発の場と位置づけ、国内外の多岐にわたるモータースポーツ競技に参戦している。同社では「今後もモータースポーツ活動に積極的に取り組み、最高レベルの技術を追及していく」としている。

 また、横浜ゴムは「全日本カート選手権」のOK部門に加え、「ジュニアカート選手権」のFP-Jr Cadets(エフピー・ジュニア・カデット)部門にワンメイク供給しているほか、海外でもアジアを中心にカートレースを幅広くサポートし、レーシングカートの普及に努めている。


[PR]

[PR]

【関連記事】