グッドイヤー 新興EVメーカーと提携しタイヤ供給

シェア:
カテゴリー: ニュース

 米グッドイヤーは6月25日、電動ピックアップトラックを開発する新興企業の米ローズタウン・モーターズと戦略的パートナーシップを結んだと発表した。

 グッドイヤーは「オハイオ州を本拠地とする2社はタイヤやサービス、さらに将来のタイヤの進化に協力することに合意した」と説明している。

 ローズタウン・モーターズは同日、グッドイヤー製タイヤを装着した同社初の電動ピックアップトラック「エンデュアランス」を公開。グッドイヤーは同社が保有するフリート車両に「エンデュアランス」を採用するという。

 グッドイヤーのエリン・スプリング氏は「我々はEVメーカーの選択肢となるメーカーになりたい。ローズタウンとの協力は革新やパフォーマンス、持続可能性の価値を共有する理想的な関係だ」とコメントした。

 ローズタウンは昨年、米GMのオハイオ州工場を買収し、年内に同工場で「エンデュアランス」の生産を開始し、初年度に2万台を製造する計画。スティーブ・バーンズCEOは「グッドイヤーのような偉大な企業がこの瞬間に立ち会うことは特別なことだ」と述べた。


[PR]

[PR]

【関連記事】