住友ゴム“withコロナ”の社会経済活動をタイヤ点検でサポート

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業は7月1日から9月30日に、全国の直営店(タイヤセレクト、タイヤランド)とダンロップタイヤショップグループで、タイヤに起因する事故の未然防止を目的としたタイヤ点検の強化活動「#タイヤ安全点検しよう!」を実施すると発表した。新型コロナウイルス感染症に伴う休業要請や外出自粛を経て、都道府県を超えた外出に向けて社会経済活動が徐々に再開する中、定期的なタイヤ点検や空気圧の重要性を啓発していく

 今回の活動では、無料タイヤ点検を強化するほか、店頭の啓発ツールやタイヤ点検リーフレットを通じた安全啓発活動を行う。一部店舗では、感染予防の観点から乗車したまま実施できる「乗ったまま点検(ドライブスルー方式)」も実施するという。

 また、商用車のユーザーには、商用車向けのタイヤ点検リーフレットを配布して安全啓発と点検強化を図る。

 同社では「クルマを足元から支えるタイヤメーカーとして、引き続きタイヤ点検の重要性を呼びかけ、より安全なモビリティ社会の実現を目指していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】