ブリヂストン ESG投資の株価指数構成銘柄に2年連続で選定

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは6月10日、ESG投資の株価指数「Euronext Vigeo World 120 Index(ユーロネクスト・ヴィジオ・ワールド120インデックス)の構成銘柄に2年連続で選定されたと発表した。

 この株価指数は、欧州で多数の証券取引所などを運営する蘭ユーロネクスト社と、ESG調査会社である仏英ヴィジオ・アイリス社が開発したもの。欧州・北米・アジア太平洋地域の大手企業1500社のうち、「環境」「社会」「ガバナンス」に優れた企業上位120社で構成されている。

 今回の選定に関して、ブリヂストンは「持続可能な社会の実現に貢献する様々な取り組みが高く評価された」としている。環境の分野では、同社は「自然と共生する」「資源を大切に使う」「CO2を減らす」という活動について2050年を見据えた環境長期目標を策定。2018年には、グループ全体の生産拠点で取水量原単位を2020年までに2005年対比35%削減するという目標を前倒しで達成していた。

 同社では、「社会・お客様をより深く理解し、課題解決のための新たな価値をソリューションとして提供し続けることで、社会・お客様と共にサステナブルな会社であり続けたい」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】