熱中症への注意と対策を 屋外でマスク装着が危険な場合も

シェア:
カテゴリー: ニュース

 新型コロナウイルスの感染防止を目的に、日常の様々なシーンでマスクを装着する機会が増えている。ただ、気温が上昇するこれからの時期、タイヤの整備作業でも熱中症への対策と注意が重要となってくる。

 環境省と厚生労働省では「マスクの着用により熱中症のリスクが高まる」と啓発しており、気付かないうちに脱水状態になるなど、体温調整が困難になる危険性を指摘している。そのため、屋外で他人と2m以上の距離が確保できる場合には、マスクを外すように呼び掛けている。全国タイヤ商工協同組合連合会でもマスクを着用しての強い負荷がかかる作業は避け、こまめに水分補給することを促している。


[PR]

[PR]

【関連記事】