「D1グランプリ」7月に開幕 TOYO TIREが積極参戦

シェア:
カテゴリー: ニュース

 TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、7月23日より奥伊吹モーターパーク(滋賀県)で開幕を予定しているドリフト競技「2020年D1グランプリシリーズ(D1GP)」に参戦すると発表した。

 同社は2007年よりドリフト競技チーム「Team TOYO TIRES DRIFT」を結成し、D1GPへの参戦を続けてきた。今年はマシンを新TVCF「青を灯せ」に連動させ、ブランドカラーである青を強調したデザインへ一新。昨年に引き続き、川畑真人選手、藤野秀之選手、ポン選手の3選手によるワークス体制でD1GP全8戦に臨む。

 また、松井有紀夫選手(Team RE 雨宮 K&N 所属)に加え、新たに2年ぶりのD1GP復帰となる松山北斗選手(FAT FIVE RACING 所属)といった有力選手へのタイヤサポートも行う予定。松山選手はトヨタ自動車に勤務するテストドライバーとして、同社のバックアップを受けての参戦となり、注目を集めているという。

 さらに、世界的に人気のアニメーションシリーズ「エヴァンゲリオン」公式のレーシングチーム「エヴァンゲリオンレーシング」とD1GPでの豊富なレース経験を持つ「俺だっ!レーシング」がタッグを組んで制作した「エヴァRT初号機 GRスープラ」にもタイヤサポートを行う。

 同社では「今年も話題満載でD1GPへの参戦活動をお届けするのでご期待頂きたい」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】