FALKENのレースドライバーが動画で「ニュル24時間」を盛り上げ

シェア:
カテゴリー: ニュース
投稿された動画の一例
投稿された動画の一例

 住友ゴムグループの欧州販売子会社、ファルケンタイヤヨーロッパはこのほど、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となった「ニュルブルクリンク24時間レース」を盛り上げるために、FALKEN(ファルケン)レーシングチームのドライバーによる動画を投稿した。

 動画はレース開催日だった5月23~24日に投稿された。24時間でどれだけ長い距離を走ることができるかを競う「ニュル24時間」に対し、SNSを介して集められた24の課題に、Peter Dumbreck、Klaus Bachler、Martin Ragginge、Dirk Werner、Sven Muller、James Deane、Rohan van Riel、Mark Vissersの8人が挑み、ドライバーたちの持つ肉体能力・ドライバースキル・創造力をレースとは異なる形で披露した。

 チャレンジ結果はファルケンタイヤヨーロッパの公式Instagram(https://www.instagram.com/falkentyres/)のストーリーズハイライトでも閲覧できる。

 「ニュルブルクリンク24時間レース」は世界最大級のツーリングカーレース。FALKENはオフィシャルスポンサーを務めるほか、FALKENモータースポーツチームとして同レースへ参戦する。


[PR]

[PR]

【関連記事】