横浜ゴムの高性能タイヤ 海外でプレミアムカーへ装着拡大

シェア:
カテゴリー: ニュース
GLE 53 4MATIC+
「GLE 53 4MATIC+」

 中期経営計画の中で新車納入の強化を掲げている横浜ゴムが、海外市場でプレミアムカーへの新車納入を加速させている。

 ハイパワー・プレミアムカー向け高性能タイヤ「アドバン・スポーツV107」が、独メルセデスAMGが昨年欧州で発表した新型「GLE 53 4MATIC+」と、今春発売となった新型「GLS 63 4MATIC+」に採用されたのに続き、4月30日には独BMWの「X3」および「X4」にも新車装着タイヤとして納入を開始した。

 「アドバン・スポーツV107」は従来品(アドバン・スポーツV105)の優れた快適性や安全性を維持しつつ、プレミアムカーに必要なパフォーマンス性能の向上を目指して開発したモデル。

 今回の採用モデルは横浜ゴムと自動車メーカーがそれぞれ共同開発したもので、タイヤサイドにはメルセデスAMGの承認を表す「MO1」マーク、BMWの承認を示す「★印(スターマーク)」が刻印されている。

アウトバック
「アウトバック」

 また、SUBARU(スバル)が2019年秋に米国やカナダで発売した新型セダン「レガシィ」と新型クロスオーバーSUV「アウトバック」には「エイビッドGT」が装着された。

 「エイビッドGT」は、北米市場で販売している乗用車用タイヤ「エイビッド」に横浜ゴムのグローバルタイヤブランド「ブルーアース」の基盤設計や材料技術を採用して開発。タイヤサイドには「M+S」が打刻されているほか、低燃費性能も高めている。


[PR]

[PR]

【関連記事】