コンチネンタル、ピレリ、クムホが米国でタイヤ工場再開

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響が広がっていた米国で、独コンチネンタル、伊ピレリ、韓国のクムホタイヤが工場を順次再開したことが現地メディアの報道で分かった。

 コンチネンタルはイリノイ州マウント・バーノンの工場を4月27日に再稼働した。また、ピレリは従業員の安全確保と需要の低迷に対応するため3月下旬からジョージア州ロームの工場で生産を停止。クムホは4月1日からジョージア州メイコンの乗用車用タイヤ工場で稼働を停止したが5月初旬に生産を再開した。


[PR]

[PR]

【関連記事】