住友ゴム、ゴム手袋を提供 新型コロナへの医療現場を支援

シェア:
カテゴリー: ニュース
ニトリルゴム手袋
ニトリルゴム手袋

 住友ゴム工業は28日、政府にゴム手袋9万7500双を寄付したと発表した。国内でも新型コロナウイルスの感染者拡大に伴って医療物資の不足が深刻化する中、医療の現場を支援していく。

 今回、同社が提供したニトリルゴム手袋は強度や耐油性、対薬品性に優れたタイプ。医療従事者が感染などから身を守るため、医療用として使用が可能だという。

 なお、同社では感染防止のため、政府の方針に基づき在宅勤務を積極的に推し進めている。現時点で、東京本社では約9割、神戸本社では約8割の社員が在宅勤務を実施している。


[PR]

[PR]

【関連記事】