横浜ゴム 国内拠点で臨時休業 新型コロナウイルスへ対応

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは28日、国内タイヤ工場でゴールデンウイーク前後に臨時休業すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要減少などを受けた措置となる。静岡県の三島工場で3日間、愛知県の新城・新城南工場では5日間、広島県の尾道工場では2日間を臨時休業日とする。また、東京本社および神奈川県平塚市の研究開発拠点、シーリング材や接着剤などを生産するハマタイト工場でも3日間の休業日を加える。

 ただ、企業運営に必要不可欠な業務に携わる工場、部門は活動を継続するという。また、同社では「継続にあたってはこれまで通り、従業員の安全や健康管理と感染症拡大防止の徹底を図る」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】