オートバックス「eモータースポーツ」の発展へ 大会の運営企業と提携

シェア:
カテゴリー: ニュース
JeGTの大会イメージ
過去の大会の様子

 オートバックスセブンは4月28日、レーシングゲームを使った「eモータースポーツ」事業の確立を目指すNGM社と提携すると発表した。eモータースポーツの発展や新たなクルマ文化の創造を目指し、「JeGT GRAND PRIX」の大会スポンサー契約に向けた基本合意契約を締結した。

 eスポーツは、コンピューターゲームやビデオゲームを使ったスポーツ競技で、レーシングゲームなどを複数人のプレイヤーで対戦する。既に海外ではeスポーツをスポーツとして公認している国もあり、国内でも昨年10月には茨城県で開催された国体でeスポーツ大会が開催されるなど、今後の市場拡大が期待されている。

 オートバックスセブンとNGM社は、それぞれの技術や知識を活用してeモータースポーツの発展を目指していく。オートバックスセブンでは「この提携により、既存のお客様に加え、eスポーツファン層という新たなお客様との接点を作っていく」としている。

 なお、「JeGT(Japan electronic sports Grand Touring)」は、自動車業界やモータースポーツ業界、eスポーツ業界の更なる発展を目指して立ち上げたレーシングゲームによる大会。昨年9月には神戸で、今年1月には東京オートサロンに合わせて大会を実施。2020年は全4ラウンド(関東、関西、中部エリア)の展開を予定している。


[PR]

[PR]

【関連記事】