ブリヂストン 医療現場を支援するため防塵マスクや雨合羽を提供

シェア:
カテゴリー: ニュース

 ブリヂストンは4月24日、新型コロナウイルス感染症の影響により物資が不足している医療現場を支援するため、同社グループが保有する防塵マスクなどを提供すると発表した。

 同社が製造現場で在庫として保有している防塵マスク(DS2)と感染対策マスク(N95)の合計2071枚を、日本経済団体連合会を通じて医療機関に提供する。また、防護服の代替手段として雨合羽の提供を呼び掛けている大阪市には、同社がイベント用に保有していた雨合羽を1200枚を寄付する。さらに、防塵服やビニール手袋など必要物資の提供についても検討していくという。

 なお、同社の海外拠点では、米国で自社生産したフェイスシールドの医療・介護施設への提供、スペインでの医療従事者向けの無料車両整備サービス提供などを行っている。同社では「当社の資産や技術を活用した取り組みを各地域、社会のニーズに沿って実施していく」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】