コンチネンタル「PremiumContact6」サマータイヤ性能テストで2冠

シェア:
カテゴリー: ニュース

 コンチネンタルタイヤ・ジャパンは4月22日、スポーティコンフォートタイヤ「PremiumContact6」が独自動車雑誌AutoBild誌が実施したサマータイヤの性能テストで「最優秀」と「エコ・チャンピオン」に選出されたと発表した。

 テストでは主要タイヤメーカーの50製品を対象に、ウェットとドライのアスファルト路での制動距離や、転がり抵抗、走行距離などの評価を行った。テスト車両に装着したタイヤサイズはミッドレンジモデル以上の様々な車種で幅広く採用されている245/45R18 100Yとした。

 AutoBild誌は「PremiumContact6」について「高いレベルでバランスの取れたパフォーマンスがあり、ステアリングからの正確な反応とダイナミックなハンドリング性能、制動距離、走行距離が非常に長く経済的に優れている」と評価している。

 なお、「最も優秀なタイヤ」に選ばれたタイヤのうち、「最優秀」と「エコ・チャンピオン」のタイトルを両方得たのは「PremiumContact6」のみ。

 「PremiumContact6」品は快適性や正確なステアリングレスポンス、最高レベルの安全性、優れた環境特性などを1つの製品で実現することを目指して開発。日本国内での発売サイズは15~22インチで、コンパクトカーやセダン、SUVなど幅広い車種に適合する。

 これまでも多くのメディアから評価を得ており、欧州の自動車クラブ「ADAC」「ÖMATIC」「TCS」が実施した225/40R18サイズのテストで総合1位を獲得した。独AutoZeitung誌のテストでは225/50R17 W/Yで総合1位となり、「ウェット路面で非常に高いグリップ性能と安全性がある」と評価された。ポーランドのMotor誌では195/65R15が、ロシアのZaRulem誌では195/65R15と225/45R15の2サイズが総合評価で1位に選ばれている。


[PR]

[PR]

【関連記事】