グッドイヤー 米国のフリート向け店舗でも非接触サービス実施

グッドイヤー店舗での作業の様子
店舗での作業の様子

 米グッドイヤーは4月16日に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全米の「Goodyear Commercial Tire&Service Centers」(CTSC)と「Raben Tire」の店舗で“接触しない”サービスを提供していると発表した。同社では「フリートが稼働を続けるため、必要な商品やサービスを利用し続けられるようにする」としている。

 このサービスでは、非接触での車の鍵の受け渡しや手袋の装着、手洗い、車両の接触箇所のクリーニング、電話での支払いなどの予防対策を講じる。

 CTSCディレクターのフランク・ペイン氏は「フリートは今まで以上に我々を頼りにしている」とし、「“接触しない”サービスは我々のチームとドライバーを守り、必要な商品やサービスを提供し続けられる」と述べた。


[PR]

[PR]

【関連記事】