オートバックスとカーフロンティア提携「TIREHOOD」を共同運営

シェア:
カテゴリー: ニュース

 オートバックスセブンは4月7日、三菱商事グループのカーフロンティアと提携すると発表した。カーフロンティアがタイヤECサイト「TIREHOOD」(タイヤフッド)の運営会社として今年3月に設立したBEADを共同で運営することに合意した。

 オートバックスセブンがBEADに50%出資し、今後はオートバックスセブンとカーフロンティアがBEADの共同運営者として「TIREHOOD」事業を推進していく。オートバックスセブンはカー用品市場の消費者ニーズの変化、多様化が進む中、今後の対応に向けた新業態やサービスの開発を模索していた。一方、3年前にスタートした「TIREHOOD」は、全国4000以上の取付店舗網を基盤として、購入から取付予約までをネット上で完結できる利便性を武器に成長を続けている。

 オートバックスセブンでは、「両社の経営資源を生かした協業を検討する中で、TIREHOODを更に成長させ、取付店舗網との結びつきを強化することで、新経済圏の創出に貢献できる」としている。今後、同社の店舗網を活かし、取付作業の即時予約といった利便性を高めていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】