ピレリ、来年のカレンダー制作を中止し、新型コロナウイルスの研究活動へ寄付

シェア:
カテゴリー: ニュース

 伊ピレリは新型コロナウイルスの影響を考慮して、2021年版ピレリカレンダーの制作を中止すると発表した。その代わりに新型コロナウイルスの研究などへの活動資金として10万ユーロ(約1200万円)を寄付する。

 同社のマルコ・トロンケッティ・プロヴェーラ副会長兼CEOは、「かつてピレリカレンダーの制作は、1967年と1975年~1983年に中止されたことがあった。今回は新型コロナウイルスの緊急事態により制作活動の停止を余儀なくされが、いずれ然るべき時が来たらこのプロジェクトを再開する」とコメントしている。


[PR]

[PR]

【関連記事】