住友ゴムの「VEURO VE304」ドライバーへ更なる静粛性を提案

シェア:
カテゴリー: ニュース
VEURO VE304装着イメージ
「VEURO VE304」

 住友ゴム工業が3月1日から順次発売を開始したプレミアムコンフォートタイヤ「VEURO(ビューロ)VE304」は、約7年前に発売した従来品(VEURO VE303)をモデルチェンジしたもの。商品特徴の一つは「最上級の静粛性」(同社)だ。

VEURO VE304「3D波型グルーブ」
「3D波型グルーブ」

 パターンノイズ――これはタイヤに起因する騒音の一つで、トレッドの溝を空気が通り抜けるときに発生するものだ。これに対し、「VEURO VE304」は溝の奥が波打った形状の「3D波型グルーブ」を搭載することで、音のエネルギーを低減させた。さらにパターンデザインを最適化し、従来品比でパターンノイズは24%抑えている。

 一方、荒れた路面でタイヤが揺れることによって発生するロードノイズは29%低減した。防弾チョッキにも使われる素材、アラミドを撚り合わせた「ハイブリッドバンド」をトレッドとベルトの間に配置して路面からの振動を抑えたほか、ラウンド化した接地形状により、ロードノイズの発生源になるベルト端の接地圧を低減している。

 さらに、タイヤ内部に特殊吸音スポンジ「サイレントコア」を適用し、段差で起こる空洞共鳴音を抑えた。

 新商品は優れたウェット性能も実現した。搭載技術の一つ「3D波型グルーブ」では溝容積が増加するため、排水性が高まったことに加え、最適なパターンやコンパウンドを搭載してウェットブレーキ性能は7%向上した。全64サイズ中、63サイズがラベリング制度で最高グレードの「a」評価を獲得した。

VEURO VE304「サイレントコア」
「サイレントコア」

 また、ダンロップの掲げる「スマートタイヤコンセプト」の性能持続技術を採用し、摩耗後にウェット性能が下がってしまう課題にも応えた。タイヤ国内リプレイス営業本部販売企画部の川野将宜氏は、「事故の減少に貢献する商品になった」とアピールする。

 通常、ゴムは熱やオゾンに晒されると硬くなるが、「水素添加ポリマー」を配合することでゴムのしなやかさを持続させ、経年後も濡れた路面に密着。「3D波型グルーブ」は摩耗後も溝容積を確保するため、80%摩耗が進んだときのウェット性能の低下率を14ポイント抑えることができた。

 さらに、「一般的に静かなタイヤは柔らかいものが多いが、高速道路や山道を走ってもふわふわせずにしっかりと走れる」という新商品は、操縦安定性が10%向上。パターン剛性を適正化することでハンドリングによるタイヤ変形を精密にコントロールしており、SUVやミニバンでも快適な運転を楽しめるという。

 「VEURO VE304」の発売に合わせ、住友ゴムは新たな価値として“ドライブメディテーション”を提案している。同社によると、「メディテーション」とは意識を集中させ無心になることで、これにより「デジタル化によって忘れてしまった大切な感覚を見直すことができる」と紹介する。

 川野氏は、「ドライブ中はドライブだけに集中でき、刺激が少ない貴重な時間」とした上で、「『VEURO VE304』は静粛性や操縦安定性が高いので、より意のままに操ることができ、自分と向き合う時間を作る」と語る。
 高いレベルの性能を達成することで、安全で快適なドライブ時間、さらにライフスタイルの質向上にも貢献していく考えだ。


[PR]

[PR]

【関連記事】